- 秋 - 初秋 - 八月 - 文月 -長月-霜月- 立秋 - 残暑 - 秋めく - 新涼 - 処暑 - 八月尽 - 二百十日 - 仲秋 - 九月 - 葉月 - 八朔 - 白露 - 秋分 - 秋彼岸 - 秋の社日 - 龍淵に潜む - 水始めて涸る - 晩秋 - 十月 - 長月 - 律の調べ - 寒露 - 雀蛤となる - 秋の日 - 秋の朝 - 秋の昼 - 秋の暮 - 秋の宵 - 秋の夜 - 夜長 - 秋麗 - 秋澄む - 秋気 - 爽やか - 冷やか - 身に入む - 秋寒 - そぞろ寒 - やや寒 - うそ寒 - 肌寒 - 朝寒 - 夜寒 - かりがね寒し - 霜降- 豺獣を祭る - 冷まじ - 秋寂ぶ - 秋深し - 暮の秋 - 行く秋 - 秋惜む - 冬隣 - 九月尽 -天高し 陽炎や烏帽子(えぼし)に曇る浅間山 擲(てき)筆(ひつ)の墨をこぼさぬ乙鳥(つばめ)哉 *擲筆: 空海が応天門の額に一点を書き忘れ、下から筆を投じて補筆したという逸話。燕は墨も落とさないで一点を加えている、と見立てた。 https://amanokakeru.hatenablog.jp/entry/2020/03/27/071709 【蕪村俳句と比喩―はじめに】より, 与謝蕪村の俳句の大きな特徴は、和漢の古典、能や狂言、伝説、諺などを背景に現実の情景をモディファイしているところにある。背景を読み取れないと俳句の鑑賞は無理なのである。前書きのある句も多いのだが、詳細に思い至るには相当の知識が必要。なお蕪村を称揚した正岡子規は、喩の表現が豊富になったのは、蕪村を嚆矢とする、と指摘している。, あらためて比喩表現とは、ある状態についての説明を、知覚・感覚・感性などの働きから導かれる心像(イメージ)によって果そうとする表現法のことである。一般に比喩は、本義としての原想念の背景に喩義としての新想念を重ね、単なる指示的、客観的な叙述を越えた含意性豊かな表現の世界を創り出すことができる(イメージの重層性)。(堀切実『表現としての俳諧』岩波書店), 分析に当たっては、藤田真一、清登典子編『蕪村全句集』おうふう(2871句を対象)に拠った。比喩の内訳は、おおむね次のようになっている。, 比喩の句は全部で271句(9.4%)となっている。 活喩(擬人法)が目立って多いが、この傾向は蕪村に限らない。俳諧の文芸であることに起因している。, https://amanokakeru.hatenablog.jp/entry/2020/04/14/072414 【蕪村俳句と比喩―活喩(擬人法)(1/8)】より, 散(ちる)たびに老ゆく梅の木(こ)末(すゑ)かな     一軒の茶見世の柳老(おい)にけり, 草霞み水に声なき日ぐれ哉         蛇(へび)を追ふ鱒(ます)のおもひや春の水, *芭蕉句「古池や蛙飛びこむ水の音」を背景に、古池に飛びこんだ蛙は、身にまとわりついた「古歌」の垢を洗い落として、新しい俳諧を歌うようになった、と主張する。, https://amanokakeru.hatenablog.jp/entry/2020/04/15/071059  【蕪村俳句と比喩―活喩(擬人法)(2/8)】 より, 紅梅や入日の襲(おそ)ふ松かしは    燕(つばくら)や去年(きよねん)も来(き)しと語るかも, さくら一木(ひとき)春に背(そむ)けるけはひ哉 月光西にわたれば花影(かえい)東に歩むかな, *春の暁、月影が西に動くにつれて、花の影が東から現れてくる。漢詩を踏んで、対句仕立て。, 行(ゆく)春(はる)の尻べた払ふ落花哉    雲を呑(のん)で花を吐(はく)なるよしの山, *春の夕日に、山鳥は落し差し(刀のこじりを下げて差すこと)のように、地上に長く尾の影を落としている。, https://amanokakeru.hatenablog.jp/entry/2020/04/16/071307 【蕪村俳句と比喩―活喩(擬人法)(3/8)】より, *歌袋: 和歌の詠草を入れる袋。句の意味は、「鶯が鳴くのをやめたのは、歌を袋にしまいこんだからなのだろう。」なお鶯を歌人に擬える発想は、古今集の仮名序による。, *かけ香(掛香): 匂袋。夏の季語。  袖だたみ: 両袖を合わせただけの簡便なたたみ方。掛香を忘れたかのように無造作に置かれた袖たたみの衣装を詠んだ句。, https://amanokakeru.hatenablog.jp/entry/2020/04/17/072105 【蕪村俳句と比喩―活喩(擬人法)(4/8)】 より, つりがねの肩におもたき一葉かな     萍(うきくさ)のさそひ合(あは)せておどり哉, いな妻の一網(ひとあみ)うつやいせのうみ    稲妻や海あり皃(がほ)の隣国(となりぐに), 秋の蚊の人を尋(たづぬ)る心かな     日を帯(おび)て芙蓉かたぶく恨(うらみ)哉, *白楽天の詩を踏む。蘭が芳香を放つ秋の夕べ、狐のくれた奇南(伽羅)をたいて、幻想の世界に遊ぼう、という。, https://amanokakeru.hatenablog.jp/entry/2020/04/18/070145  【蕪村俳句と比喩―活喩(擬人法)(5/8)】より, *篠掛: 修験者が衣の上に着る麻の衣。句は、謡曲・安宅などを踏む。山伏が篠掛を脱ぎ着するたびに露のこぼれるのを、「声ある」と表現した。, 人を取(とる)淵(ふち)はかしこ歟(か)霧の中    水落(おち)てほそ脛(はぎ)高きかがしかな, 気みじかに秋を見せけり蕃椒(とうがらし)    底のない桶(おけ)こけ歩行(ありく)野分哉, *種ふくべ: 種を採るための瓢箪。成熟したら蔓から切り離して十分乾燥させた後に種を採る。句は、種瓢が種の音を立てるのを、腹の中へ歯が抜け落ちた老人に見立てた。, https://amanokakeru.hatenablog.jp/entry/2020/04/19/072533  【蕪村俳句と比喩―活喩(擬人法)(6/8)】 より, きくの露受(うけ)て硯(すずり)のいのち哉    うら枯やからきめみつるうるしの木, 戸をたたく狸(たぬき)と秋をおしみけり     秋おしむ戸に音づるる狸(たぬき)かな, みのむしの得たりかしこし初しぐれ    逃(にげ)水(みづ)の逃(にげ)げそこなふて時雨哉, *逃水: 川の水が地下にしみ、流れが地上から消える現象。句は、時雨のせいで川の水が消えずにあるのを、逃げ損ねた、と洒落た。, https://amanokakeru.hatenablog.jp/entry/2020/04/20/071023 【蕪村俳句と比喩―活喩(擬人法)(7/8)】より, *小町が果: 小野小町が老残の果てに野ざらしとなった伝説。句は、草木の枯れ果てた様を小町の果てに喩え、それとは対照的な美しい鴛の夫に寄りそう鴛の妻をもってきた。, https://amanokakeru.hatenablog.jp/entry/2020/04/21/072349 【蕪村俳句と比喩―活喩(擬人法)(8/8)】 より, https://amanokakeru.hatenablog.jp/entry/2020/03/28/070514  【蕪村俳句と比喩―直喩(1/4)】より, 直喩は、他のものにたとえて意味や雰囲気を表す時、類似を示すことば「ごとき」「ような」などを使用する修辞法。蕪村においては、「・・・がほ(皃、顔)」という例が多い。, *長良川の鵜飼見物の面々は、見るからに尾張藩士の名古屋顔という顔付で鷹揚な態度だ。, *一軒家ながら蕎麦の花を咲かせ、しっかり生活している様子を「かしこ皃(がほ)なり」と比喩。, *御火たき: 京都の神社で十一月に行われる火焚き祭り。句は、この日のそわそわした様子を犬のそぞろ顔で暗示した。, https://amanokakeru.hatenablog.jp/entry/2020/03/29/065810  【蕪村俳句と比喩―直喩(2/4)】より, *京の人が洛外に家を訪ねて行って、どこも似たような枸杞垣(枸杞のいけ垣)なので迷っている。, https://amanokakeru.hatenablog.jp/entry/2020/03/30/071542【蕪村俳句と比喩―直喩(3/4)】, *たけごころ: 猛々しくものおじしない心。句は、子雀を懸命に育てて飛び交う親雀の様子を詠んだもの。, https://amanokakeru.hatenablog.jp/entry/2020/03/31/071535 【蕪村俳句と比喩―直喩(4/4)】 より, *本来の場所を離れ手も足も出ない状態のたとえ「魚木に登る」を踏む。干乾びた鮭はよく似た冬木立に登りそうだ、と詠んだ。, https://amanokakeru.hatenablog.jp/entry/2020/04/06/071645 【蕪村俳句と比喩―寓喩(諷喩)(1/5)】より, 寓喩(諷喩)は、譬喩、寓意ともいう。他の事物や動物、物語などにたとえて、意味を強めあるいは暗示する表現法。おなじ系列に属する隠喩を連結して編成した言述。, *梅はよく知っていた安倍宗任(平家物語・剣巻)にとって、鶯の声は初めてだろう、として初音を強調した。鶯をもってきたところが蕪村の工夫。, *「つな」は京一条戻橋の妓女の名前。つなさんが立って行ってしまった後の座敷はでは、客たちがひとしきり綱のうわさ(鬼を退治した渡辺綱に及んでいよう)をしている。, *ささだ雄、ちぬ雄: うない乙女を争って、三人とも死んだ説話中の人物。万葉集、大和物語などにでている。, *草の武蔵の八平氏: 草深い坂東に割拠した八つの平氏をさす。雉子の勇ましい鳴き声に平氏の群雄が立ち上がった様子を想った。, *擲筆: 空海が応天門の額に一点を書き忘れ、下から筆を投じて補筆したという逸話。燕は墨も落とさないで一点を加えている、と見立てた。, https://amanokakeru.hatenablog.jp/entry/2020/04/07/072002  【蕪村俳句と比喩―寓喩(諷喩)(2/5)】より, *松の下で童子に隠者の所在を問うと、「処を知らず、只此雲裡山桜あるのみ」と答えた。「唐詩選・巻6・尋隠者不遇」の漢詩をもじった句。, *犬桜は、正当でない南朝の内裏が送った勅使のようなもので、桜に似て桜にあらず、と詠んだ。, *蘇東坡の「春宵一刻値千金」を踏んで、春の宵の「龍衣(天子の衣)」に思いをはせる。(前書が省略されているので難解。), *岩に腰をおろして辺りのつつじを眺めると、源頼光になったような気分になる。つつじが退治した鬼の血潮にみえたのだ。, https://amanokakeru.hatenablog.jp/entry/2020/04/08/070244 【蕪村俳句と比喩―寓喩(諷喩)(3/5)】より, *太閤が作らせた賀茂堤のおかげで、桃花水(桃の花の咲くころ、氷や雪が解けて大量に流れる川の水)の時節になっても洪水の心配がなく、すみれが咲いている。, 冬以来の炉を塞いで、ほっとして風呂に入る気分は、満ち足りたもの。かの南阮もこんなだったに違いない。, *いもの神: 疱瘡神。 横河: 叡山三塔の一で、厄除けの護符は疱瘡に利くとされた。, *朝比奈三郎義秀が曾我十郎を訪れた際に、初鰹をもっていっただろう、と蕪村が想像して詠んだ。, *近江やわた: 曾我物語にでてくる近江小藤太と八幡三郎のこと。二人は待ち伏せして曾我兄弟の父・河津三郎を射殺した。句は、照射をしかけ得物を待ちながら囁き合う猟師ふたりの様子を近江と八幡の状況に重ねた。, https://amanokakeru.hatenablog.jp/entry/2020/04/09/070553【蕪村俳句と比喩―寓喩(諷喩)(4/5)】 より, 湖上一面に広がる藻の花は、俵藤太が鐘を引き上げた際に、あたり一帯に飛び散った水滴にちがいない、と見立てた。, *守敏: 空海と雨乞を競って敗れた僧侶。一句は、この旱は、守敏にも雨乞をしてもらいたいくらいひどいという。, *白楽天の長恨歌の一節を踏む。 竹婦人: 竹や籐を円筒形に編んだかごで、夏の夜、涼を入れるため寝るときにかかえるもの。, *丈山: 石川丈山。江戸初期の文人。句は、丈山が宮中の召しにも応じなかった時に詠んだ歌を背景にしている。川岸の床で川風に吹かれていると、「渡たじな」と詠んだ丈山も言い過ぎたものだと悔やんだことだろう、と蕪村は想像した。, https://amanokakeru.hatenablog.jp/entry/2020/04/10/072126  【蕪村俳句と比喩―寓喩(諷喩)(5/5)】 より, *鹿肉のくすり喰いのことは人に語るなよという密議を、平家追討の密議の場所であった鹿ケ谷によって暗示した。, https://amanokakeru.hatenablog.jp/entry/2020/04/02/071128  【蕪村俳句と比喩―暗喩(隠喩)(2/5)】 より, *鮎汲む人が終日岩の上で網を振っているさまを鳥が翼を羽ばたかせているようだ、と詠んだ。, *柿本人麻呂の有名歌「あしひきの山鳥の尾のしだり尾の長々し夜をひとりかも寝む」により、「山鳥の尾をふむ」は、「長い」を引き出す。句は、長い春の入日だなあ ということ。, *冥土からの使いとされる時鳥の声が雲間から聞こえた。あたかも葬列の棺をつかまんばかりに。作者は葬列にいた時に雲間に時鳥の声を聞いたのだろう。, https://amanokakeru.hatenablog.jp/entry/2020/04/03/071027  【蕪村俳句と比喩―暗喩(隠喩)(3/5)】より, *藻に住む虫のように私も蚊帳のうちで、同行できなかった恨みに泣いている。(句会に参加できなかった、という前書あり。), https://amanokakeru.hatenablog.jp/entry/2020/04/04/072314 【蕪村俳句と比喩―暗喩(隠喩)(4/5)】より, *きくた摺: 福島県菊多特産の小紋の稲妻模様で、八丈縞の一種。前書きに「かな河浦にて」とある。神奈川沖から八丈島にかけて閃く稲妻を菊多摺りに見立てた。, *うつせ貝: 肉が抜けて空になった貝。松島の月の美しさに心奪われている人をうつせ貝に喩えた。, *札菊: 品評会で品種名などを記した札を付けた菊。その菊の様子を細い脚で体を支える鶴に喩えた。, https://amanokakeru.hatenablog.jp/entry/2020/04/05/071230 【蕪村俳句と比喩―暗喩(隠喩)(5/5)】 より, *乱暴者が酔い潰れて寝ているところへ裾からそっと蒲団を掛ける場面。「虎の尾を踏む」と酔っ払いを差す「虎」とを結びつけている。, *鉢叩き(半俗の空也念仏僧)を、木の端と人にいわれる坊主のさらに末端に位置する者と戯れた句。, *枕して寝ている女の髪は、まるで春の流れに枕しているようだ、ということを暗喩で詠んだ。. 【今日の埼玉新聞】12/13 陽炎の栄冠5 栄冠へ課せられた宿題 吉と出るか積極補強最終節試合後、記者会見で一つの質問が。「また広島から補強する?」ミシャは明…

.

ポケモン剣盾 ユニフォーム チャンプ 13, 得策 同義 語 15, Qoo10 残りの販売期間 とは 35, ろ ん Vtuber 19, 牧 紳一 Wiki 9, レクサス Gs ミッション 4, 路 本 あらすじ 4, ロングワイヤーアンテナ 見え ない 5, 公文 足し算の歌 歌詞 13, ドライブレコーダー ナビ連動 必要 4, カレー 肉 煮込み時間 19, アイシングクッキー キャラクター オーダー 6, 雑誌 小学生 付録 5, 竹槍 B29 なんj 16, Hero Too 海外の反応 8, スピン バイク 消費カロリー計算 10, ガーミン Vivofit4 電池交換 7, 阿佐ヶ谷 芸人 住んでる 14, アメリカンゴットタレント 2017 優勝 26, 猫ベッド 手作り ダンボール 4, マンハッタン距離 三角不等式 証明 8, 下記 からお選びください 英語 13, 善逸 隠す Pixiv 7, 木兎 倒れる Pixiv 4, 風と共に去りぬ 宝塚 相関図 18, 真 田丸 動画 2話 49, さくら 小説 解説 6, プリマ旦那 野村 いじめ 24, 桑田佳祐 Smile Cd発売 5, フジテレビ アナウンサー 初任給 5, Cnxt Notification Client と は 8, Sensitive Confidential 違い 7, 山内 圭哉 髪の毛 13, ぼんくら ドラマ Dvd 17, 逃走中 どうぶつ島を攻略せよ Bilibili 24, メンタ リスト シーズン5 感想 5, 降谷零 警視庁 小説 12, 広大跡地 フリマ 2020 4, Line 寂しかった 返事 6, 三菱重工 高砂 死亡 事故 41, ポケモン剣盾 対戦 ブログ 21, 黒い砂漠 ランキング 意味 6, 前野智昭 結婚 ショック 15, トヨタ自動車 本社工場 構内図 59, 大園 桃子 ジェットコースター 5, 海外 パイロット 年収 5, ポンツカ 藤くん 彼女 9, ドイツ 名前 順番 34, ビリギャル れいじ その後 12, 占い 人気 アプリ 6, Bts クリスタルスノー 意味 11, 高中 正義 テレビ 5, Iphone ファイルアプリ ダウンロード できない 6, Grand Blue Chapter 59 Japanese 15, フジファブリック M ステ Youtube 4, アリエッティ 家 間取り 42, 更年期 しびれ 漢方 8, クロム鋼 在庫 確認 27, 八つ墓村 ネタバレ 1977 10, 風船 竹串 割れない 7, Love Music 関西 遅れ 43, 堺正章 嫁 敦子 11, 太陽の末裔 ミョンジュ 死 17, しばた ま 怖い体験談 10, 坂の上の雲 動画 9話 6, 樹木希林 自宅 庭 5, たむらけんじ 家 神戸 41, タレント ファンクラブ 一覧 4, Zoom 投票機能 できない 5, レベッカ Virginity 歌詞 意味 5, 志々雄 真実 かわいそう 10, Songs 木村拓哉 稲葉浩志 動画 4, 世界へ発信 ニュースで英語術 ラジオ 6, バンドリ Ras 追加 いつ 8, テレワーク 規程 ひな形 5, パクシフ の 風と雲と雨 最新 動画 15, ミセン 放送予定 2020 6, 地代家賃等の内訳書 書き方 支払対象期間 5, 迷言 まとめ 作り方 27, 中島健人 平野紫耀 リアルタイム 5, 道後温泉 駐車場 予約 8, 経理 未経験 ブログ 6, 三羽烏 漢唄 海外 の反応 13, Tiktok 検索 新着順 24, ロードスター 純正 ドライブレコーダー 7,